RSIとは

RSIとは日本語では相対力指標と訳されます。
(Relative Strength Index = 相対力指標)

ここで言う相対力とは一定期間において、
『買いの力』『売りの力』がどちらが強いかを表します。

買いの力 = 一定期間の上昇分の総和
売りの力 = 一定期間の下降分の総和と考えます。

そして、この買いの力が何%を占めるかがRSIとなります。
そのため、0%〜100%をとります。

RSI = 上昇分 /(上昇分下降分

50%だと同じだけの上昇と下降があったことを示します。

一般的には70%以上で買われすぎ、30%以下で売られすぎと言われていますが、これは対象期間の長さによってまちまちでしょう。

アプリ上でのRSIの設定

アプリでは以下の項目を設定します。

RSIの価格タイプはどの価格〈始値・高値・安値・終値〉でRSIを算出するかの設定です。

閾値は%であり、閾値に対してシグナル発生条件を満たす時、シグナルを発生させます。

  • RSIの設定項目
    • RSI / VLDMIの選択 (RSIをここでは選択)
    • 価格タイプ 〈始値・高値・安値・終値〉
    • RSIの期間
  • シグナル発生条件
  • 閾値
undefined

そのため、RSIの設計ではRSIの設定項目(3項目) + 2項目が必要となります。

まとめ

RSIは0から100%で表され、買われすぎ、売られすぎを判断することができる、比較的使いやすい指標です。

これはオシレータ系指標と言われ、その代表的な指標がRSIです。

価格の反転を期待する逆張り用シグナルとして単体で用いるのも良いですし、
(売られすぎと言われるRSI20%の時にエントリーする逆張りなど)

他の指標に組み合わせて、『買いの力』が強い=買いトレンド といったフィルタとして補助的に使うこともできます。
(RSI70%以上をANDで用いて、上昇トレンドフィルタとして用いるなど)

RSIの意味を理解することで、多くの応用があります。

ぜひアプリで使ってみてください。